育児を見越して選ぶ

医療系で働く女性看護師は、将来に夢を抱いてキャリアアップに役立つ病院を勤務先として選びがちです。
しかし育児を前にして、その仕事を続けていくのが難しいことに気づいたり、育児休暇を経てすぐにまた働きたいと考えても困難であると判断したりして復職を諦める人も少なくありません。

そのようにならないためには、予め育児を見越して、将来的に働きやすい職場に転職することがお勧めです。
その一例としてしばしば見受けられるのが近隣のクリニックへの転職です。
妊娠すると動くのもだんだんと大変になってきて、身体に負担がかかることはあまりしたくないと考えるでしょう。
また、育児を始めてようやく保育園に預けられるようになったら復職はできるものの、限られた時間内でしか仕事ができないのが事実です。
無駄に通勤時間に時間をかけないために、できるだけ自宅から近い職場を選んで、求人が出た時点で転職しておくというのが賢明です。
病院に比べると、クリニックは数が多くて住宅街にも豊富であり、自宅の近所で探しやすいことがメリットです
またクリニックでは夜勤がなく、基本的には定期的に休みがもらえ、残業も少ない現場がほとんどになります。
育児の経験のあるパート勤務の人も多いことから、妊娠中の仕事の量や、育児中の育児と仕事のバランスについての理解も得やすく、概して育児中の女性にとって働きやすい職場になっています。
そのため、「出来る限り出産後も医療系で働いていきたい」という女性にとって、予め近隣のクリニックに転職するのは復職を容易にする方法として注目されています。
このように出来るだけ長く働きたいと考えたときに、女性が働きやすい職場を知ることが大切です。詳しくはこち→http://change-workplace.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です